大阪府八尾市のバイト

大阪附八尾市には八尾市立山本球場があります。

施設は八尾市が所有していて、八尾体育振興会が指定管理者として運営管理を行っています。

1938年、住友本社によって「住友球場」として竣工されて、主に住友財閥系企業従業員の親睦のために使用されてきました。

1950年には、近畿日本鉄道が買収して、近鉄パールス(現在の大阪近鉄バファローズ)の練習グラントとして使用されたあとは、1956年に八尾市に移管されました。

1980年代には老朽化が著しい上に、外野に防球ネットがかったため、稀に場外へ飛び出してしまった打球が外野場外にある公務員宿舎の窓ガラスを割ることもありました。

1991年に、メインスタンドとスコアボードが改築されて、今に至っています。

両翼は90m、中堅100mと狭隘なフィールドで、軟式野球やソフトボール、少年硬式などに主に使用されています。

また地元では山球という略称でも呼ばれています。

2,000人収容が出来る球場です。